pi私のおすすめするところは何処もアダ・ノンアダの選択が出来ますが、取って置きのアダルトテクニックを紹介します。

アダルトテクといってもノンアダでも使えるワザなので一読してください。

通常アダルトのテクといえば男性の要求に応じて裸になることですが他にも行為をせがまれるところまでは理解できるでしょう。

しかし、よほどの演出でなければ差別化を図るにもただただエロいか、ひたすら露出という方向になると思います。

そうとう気に入ってもらえば見せるだけでも常連さんが出来ますが、ぶっちゃけた話、男性だって飽きがきます。

ですが、その飽きが来るまでの時間を引き延ばす方法があるんです。

無意識のうちにやっているパフォさんもいるようですが具体的には理解していないかもしれませんね?

では出し惜しみ無く、そのワザの一部を紹介しましょう。

アダルトフェチで差別化を図る

フェチという言葉を聞いたことがあると思います。

脚フェチとか顔フェチとか、お尻フェチのように表現されますがアダルトの場合はさらに分類されます。

例えばですが、よだれフェチ、目玉フェチ、ミニスカフェチ、パンチラフェチ、足指フェチ
この様にカラダのパーツだけではなく服装だったりしぐさにもフェチは存在します。

ここまで言えばもうお分かりでしょうか?

つまり闇雲に脱いで男性客を喜ばせるのではなく、あなたの思うフェチの部分を強調して演出するのです。

フェチの好みは千差万別ですから会話の中でヒントを見つける必要がありますが特にあなたが自信のある部分は大いにアピールするべきです。

勘違いして、おっぱいフェチにお尻を見せても相手の反応で変更すれば大丈夫です。

殆どのチャトレが顔出しをしないアダルトの場合は特にこのフェチに注目している男性が多いことも理解してください。

ここで、どうしてもアダルトのフェチについて判らないという場合は思い切ってアダルトサイトとかAV関連のサイトで研究してみてください。

躊躇されるかたもいると思いますが絶対に効果はあると付け加えておきます。