runa話術に長けたり場持ちの良いチャトレであれば最初からずっとノンアダルトでも続けられると思います。

ノンアダは確かにリスクも少なく失うものも少ないのですが男性客の食いつきが悪いのも確かです。

そのためさっさとアダルトに転向するか色恋感情をゆさぶり「もしかしたら直会いができるかもしれない?」という淡い期待を男性に投げかけて変化球の誘い方をするパフォさんが大半のようです。

ではアダルトと色恋のどちらが安全でしょうか?

脱がずに稼げるから色恋のほうだと思いますか?

大正解はケースバイケースなので実践してみなければ分かりませんが危険性という意味では色恋のほうが高くなります。

何故ならばお互いに素性を隠しているとはいえ、どちらともなく本気になった場合には、もっと相手のことを知りたいと考えるのは常識だからです。

結局のところ相手を信じて御法度の個人情報を明かしてしまったり待ち合わせの約束をしたり・・・。

ですが相手の男性も本当の素性を教えてくれるとは限りません。

そもそもがチャトレサイトを利用する目的はなんでしょうか?

大別すると性欲の解消・女性に癒しを求める・出会うことになります。

色恋営業の食いつきのよさは出会い目的の男性が多いことを物語っています。

キャバクラなどに枕営業という言葉があるのをご存知でしょうか?

常連さんになってもらい指名料欲しさにカラダを武器にすることですよね!

チャトレの場合は出会いを武器にすることが枕営業にあたると思います。

それとてもサイトの規約に触れるとはいえ法律を犯すわけではないと開き直るかもしれませんが結局長続きしない裏ワザですし、果てしないリスクを抱えるよりは正攻法の継続が安全ですよ!

※枕営業の怖さは相手の男性に弱みを握られてしまうということです。

たとえ生命に危険が無くても縁を切ろうとしたときに「サイトに通報する」とか、関係を継続しても直アドを教えた以上は稼ぎの対象にはなりません。

つまり、稼ぐための手段が稼げない方向に向かっていると考えてください。