tanomuどんな世界でも稼げる人と稼げない人、出来る人と出来ない人が存在します。

では、その違いとはなんでしょうか?

生まれ持った素質なのでしょうか?

チャトレであれば器量がものをいうのでしょうか?

「稼いでいるあなたには私の気持ちなんて理解できないでしょう?」

こんな風に言われたことがあります。

とんでもないですよね!

私だって稼ぐどころかメールも来ない、送信したメールにも返事が来ないなんてことは、ずいぶん経験しました。

向いていないのではとか、美人でもないし若くもないし男性受けするはずが無いと自分を慰める期間があったのです。

でも、そんな愚痴を先輩のチャットレディにぶつけたところ一喝されました。

「向いていないと言えるほど継続してみたの?」

「これ以上方法が無いと言えるくらい勉強してみたの?」

よくよく話を聞いてみるとベテランの先輩でも稼げない期間は長かったようです。

でも、他に仕事も見つからない。

そこで、持ち前の負けん気で思いつく限りの勉強をして実践してみたようです。

図書館で男性心理や接客術の本を借りて読み漁り、学んだ事を活かしてメールを送信してみる。

時間帯や曜日ごとにメールへの返信があったかどうかのデータを管理。

男性のプロフから自分なりに人物像を想像してチャットが成功したら、そのデータも管理。

いつしか、そのデータも膨大になり100発100中とは言わないまでも楽しくチャットが出来る方法が判ってきたと言う事です。

「稼げないなら脱いじゃえば良いのよ!どうせアダルトジャンルなんだしオトコなんてスケベの塊なんだから」

この様に達観したチャットレディも少なくない様ですが、大半のチャトレは1年以内に辞めてしまうことの理由には「稼げないというよりもアダルト行為で心が病んでしまう」ことのほうが要因だと思います。

水商売でも結局は清楚なホステスの方がウケも良く長続きすると言われています。

アダルトは一時的なカンフル剤で、長期で稼ぐならノンアダか相手によってはアダルトにも対応できるミックスが稼ぎの秘訣でしょうね。

今では私もコンスタントに20万円ほどを稼げるようになりました。

基本的にはノンアダですが自分が嫌にならない程度のアダルトにもお付き合いはしています。

もうすぐ1年になりますが辞めるつもりはありませんし、可能な年齢までは続けたいと思います。