コンテンツへスキップ

pi私がチャトレの稼ぎ方について公開しているのは利用しているサイトを盛り上げたいと思うからですが、始めてはみたものの最初の思惑とは違うと簡単に諦めるパフォさんの方が圧倒的に多いことも事実です。

理由の一つにはサイト選びの間違いもありますが根性とかマインドとか言う前にも稼ぐための方法を知らないということも挙げられます。

そこであえてライバルが増えることを覚悟の上で私が学んだ常連さんの作り方を紹介します。

ここでは基本的なプロフィールの設定や最初のアプローチメールについては割愛させていただきますが、その点についてはテクニック応用編から確認してくださいね!

ここではある程度の経験を積んだと仮定してのアドバイスになります。

まずは常連さんを作るといっても最初はお互いに知らない同士です。

なので送ったメールに返信してもらわなければ始まりません。

ところが多くのパフォさんは1度や2度のメールを送るだけでそれ以上はウザイと思われるのか返事が無ければ次の相手へのアプローチを繰り返します。

でも男性会員にも都合がありログインしているからといって全てのメールに反応する余裕があるとは限りません。

いいえ、むしろログイン中にはたくさんのメールが送られてくるので、あなたのメールもその中に埋もれてしまいます。

相手に認識してもらうまでメールを送る

ではメールを読んでもらうためにはどうしたら良いのかというと3~5通は送ってみることです。

もちろん、ありきたりのメールでは効果がありませんが男性の目を引く文章を考えてくださいね!

比較的効果があるのは自分の登録地域と同じ男性会員へのメールです。

親近感も沸くのともしかしたら仲良くなって会ってもらえるかもしれないという期待感が生まれるようです。

ただし、チャトレは会っても報酬は発生しませんし会う事で危険も生じる他にも「密会をサイトにばらす」というような脅迫をされる実例もあるようですから会える素振りというのは上手に使い分けなければなりません。

また、返事も無いのにいつも同じ時間帯では意味がありません。

ある程度送信する時間帯を変えてメールをするのも手段です。

それとメールの返事に必然性を持たせることが可能であれば積極的に盛り込みましょう。

例えばですがプロフを見て興味を感じたことに質問するとか、そこからの展開で専門的なことについて聞いてみるのも良いでしょう。

1回目の返事が来たら次のメールにも必然性を持たせることが肝心です

次回に含みを持たせてチャットを切り上げる

映像にしろ音声にしろチャットで繋がったら最初はあまり引き伸ばさないほうが常連さんになってもらえる可能性は大きいようです。

これはキャバクラなどでも同じですが延長の連続で楽しい時間を過ごしても清算の段階になるとわれに返って「使いすぎた」と感じる男性が多いためです。

なので最初はあえて我慢です。

男性会員がもう少し話したいなという段階を見計らって長時間につなげたいのを1時間程度で切り上げるようにあなたのほうからうながしてあげることで好感度をアップしましょう。

このときに重要なのは次回の約束をしておくことです。

もちろん次回までには相手の男性に合わせたネタも仕込んでくださいね!

go-リコチャットやメールだけじゃなく画像や動画でも稼いでいるチャトレって、どうやって研究していると思いますか?

普通、チャトレのサイトではログインしても男性目線ではチャトレ仲間のプロフはもちろんブログや画像などは見えません。

そこで、一旦ログアウトしてから登録はせずに自分の利用しているサイトを確認してください。

全てのサイトで確認できるかどうかは判りませんが登録しなくても無料画像やブログなどは閲覧できます。

もしも、アクセスするたびに勝手にログインされるなら他のサイトでも研究になります。

もちろん、掲示板も閲覧可能です。

そうすると、ライバル達がどの様な画像で人気を呼んでいるのかも分ってきます。

アダルトであっても憶測だけで露出を高めても効果はありません。

良く言われることですが「見えそうで見えない」という焦らしが効果的な場合もありますし、有料なのに無料画像と変化が無ければ二度目の閲覧は期待できません。

一朝一夕には行きませんが、この様な研究は絶対に活かせます。

また、サイトによってはイメージをつかんでもらうために男性側からの閲覧画面を案内してくれるところもありますねが、これは運営に自信がある証拠でしょう。

ここで間違えてはならないのがノンアダなのにお色気あふれる画像をアップすること、男性にしてみればアダルトも要求可能と勘違いしてしまいます。

ノンアダでもシモネタ程度は覚悟しなければなりませんが過度のアダルトが嫌いであれば必要以上の露出は避けた方が良さそうです。

また、アダルトでも画像や動画だけで満足されてしまえば続きはありません。

あくまでも「もう少し」の期待をさせるような演出が必要です。

tanomuチャトレを始めて半年、そこそこ常連さんもついてきて、時間を気にしないでちょっとした世間話とかもするようになってきました。

常連さんは確実な収入源っていうだけじゃなくて大切な情報源でもあります。

他のチャトレの話を聞いて、あっこれいただき!私もまねをしてみようとか、反面教師にさせてもらおうとかいろいろ勉強になります。

そんな常連さんの一人に時々、こんなチャトレがいたとかあんなことがあったとか教えてくれる人がいます。

「えー!」と思うような話もたくさんあったのでちょっと紹介してみます。

その1 こちらの問いかけに対して「ハイ」ってたった2文字で返信、しかも意味不明のシャケ弁の画像が添付されてた。

→ そのチャトレは仕事をする気があるのだろうか?それともサイトの評判を落として男性客が集まらないようにライバルサイトから送り込まれたとか?

その2 お宝画像をアップしたからとメールがあったのでアクセスしたら骨董品の画像だった。

→ これはちょっと笑ってしまった。本人は真剣だったかもしれないよね。もしかしたらご高齢のチャトレさんかもしれないな。逆に、思わぬところでサバ読みがばれちゃうっていうことかな?

その3 ストーリーを勝手に考えて定期的にメールを送ってくるけど定型文のステップメール。

→ この手のチャトレって意外にいるようだ。どこかでマニュアルを買ってくるのかしら?

その4 困ってますってメールくるから何かなと思ったら「ぜんぜん稼げなくて困ってるとか・・客はボランティアじゃねえ~

→本当に稼げないチャトレか釣りの下手な人か… もっと違う展開を考えればうまくいくのにね。

チャトレをするんだったらこういうことはしないようにしましょうね!

runaチャトレをしていて、誰かに相談したいなって思うことはないですか?

でも、普通の友達に相談したり愚痴を聞いてもらうことは出来ないですよね。

相手の知らないことを話してもうまく通じないし、友達にはチャトレをやっていることをまだ内緒にしているから離せないということもあるでしょう。

普通は皆同じ環境にいる人に相談しますよね。

例えば、OLの会社勤めだったら先輩に聞くこともできます。

同期の同僚と鬱憤話をすることもできます。

キャバクラではみんなで仲良くというわけにはいかないでしょうが、横目でライバルを観察することも可能です。

だけど、チャトレ同士の交流ができる場所は多くありません。

一部のサイトではパフォさん同士の掲示板もあるけど男性会員の悪口はご法度のようです。

普通の話でも、運営側に気を使っていては書き込みたいこともなかなか書き込めないですよね。

教えてgooとかyahoo!知恵袋知恵袋を利用しても真実が見つかるとは限りません。

どこの世界でも、情報操作ってあるんですよね。自作自演で自分に都合のいい記事を書き込む人も多いんですよ!

でも、ここなら信頼できる場所ってのがあります。

したらば掲示板なら現役のパフォさん達がぶっちゃけた体験談を披露しています。

お互いに愚痴や悩みのはけ口に利用しています。

いままで気づいていなかったことがふとした瞬間にわかって常連さんの獲得につながった何てこともあるんですよ。

仲間がいれば怖くないですね!

humuこれは懇意にしていただいている男性会員から寄せられた投稿です。

自称AV女優のチャトレさんからのメール

初回なのにひたすら絵文字の連発で意味は理解出来るにしてもウザイ

何よりも多用されていたのはテレビtvと電話phonetoの絵文字

そりゃ一番稼ぎになるからtvphonetoテレビ電話にしたいのは理解できるけどAV女優だから見せれば良いという考えだけでは続かないんじゃない?

だって、ぶっちゃけた話、AV動画なんてググればいくらでも全部丸見え状態のが見つかるし、しかもタダ!

何が悲しくて小さな画面で制限つきの映像を見なきゃならんの?

実に一方的なテレビ電話の押し売りであることは明白ですね!

この様な感覚だから本業でも稼ぎは少ないのでしょう。

もちろん、こちらのプロフを確認した形跡はありません。

オトコなんだからAV女優には興味があるだろうという思い込みなのか自惚れなのか?

エッチネタだけちらつかせればオトコは釣れると勘違いしているのか?

いずれにしても長続きはしないチャトレの典型パターンであることは疑いようもありません。

職業柄ということも考えられますが「何も考えていないだろ!」とツッコミを入れたくなるような内容でしたが、ポイントがもったいので返信は控えました。

 

この男性は普段は営業職をしている方で年齢は40代になります。

息抜きと癒しを求めてのライブチャット利用ですが、日常的にこの様な営業メールを受信することはありません。

そのギャップを楽しむという方も皆無とはいいませんが、効果はマイナスと感じます。

初回のメールに限りませんが絵文字の多用を喜ぶ男性って少ないですよ!

たまに勘違いして絵文字を使われる男性もいますが、立場が逆であれば私も引いてしまいます・・。

 

reiライブチャットでは女性と話をしたいとかメールをしたいと思いながらも男性の方からはなかなかアプローチしてもらえません。

そのためプロフ画像を工夫したり、プロフでもアピールをするのですが、そこまでなら誰にでも簡単に出来てしまうのでライバルとの差別化は図れません。

つまり、それではまだ埋もれたままなのです。

何もしなくても露出が多いのは新人としてノミネートされる期間なのですが、実にもったいないと感じるのが使い方が良く分らずに活動しない新人さんです。

そこで、基本的な部分としては相手の男性のプロフをしっかり確認してからメールを送ることは当然ですが、メールの文章にもヒネリを加える事が必要です。

結局は回数を重ねるか、効率化を図ってメールを送るしかないのですが、チャトレの場合は回数を重ねても男性には響かないことの方が多い様です。

何故ならば、登録したとたんに毎日膨大なメールが届くからです。

そうなると、ありきたりのメールを何回送っても全部を確認してくれる訳ではありません。

サイトでメールを確認するとプロフ写メとメール本文の冒頭が表示されます。

実はこの冒頭で勝負をしなければ勝ち目はありません。

自分ならと考えてください。

いっぺんに30通も届いたメールをご丁寧に全部開封する事があるでしょうか?

大抵は2~3通を確認したくらいで飽きてしまうと思います。

もちろんチャトレサイトであればお客様の可能性もありますから開封しますが、ライブチャットでは男性は営業メールを受信している訳です。

キャバ嬢や銀座のホステスが顧客相手に営業メールを送るのと変わりありません。

その中で目立って差別化を図るには?

ここで、「会いたい」とか「仲良くなったらデートしましょう」なんてのはNGですよ!

答えを出すのは簡単ですが私が常連さんから教えていただいた【もらっても嬉しくないチャトレのNGメール】を参考に工夫して下さいね!

runa携帯チャットレディーとはいっても基本的に最初のアプローチはメールになります。

もちろん、効果の薄い一括送信メールなどは使っていないと思いますが、個別にメールを送ったとしても見向きもされないか相手にはしたくないと感じるものでは送らない方がマシというものです。

私が仲良くなった男性会員から教えてもらったのは「出会い系サイトとの区別が判らないメール」です。

まさかとは思いますがライブチャットの相手と本気で出会いたいと考えるパフォさんはいないと思います

それなのに「仲良くなったら会いたいです!」とか「彼氏と別れたばかりなので次の相手を探しています。」
さらには「夫とはレスなので秘密厳守で会ってくれる人を探しています。」など、いずれも出会いをほのめかす内容のメールが多すぎると言ってました。

男性会員にしても出会い系とライブチャットの違いは知っているものの、出会いの期待を持たせながら散々焦らしてお金だけを使わせるのでは「悪質出会い系のサクラ」と変わりません。

同様の誘い文句に「彼氏募集中です。」「一緒に飲みに行ける仲になりたいです!」あるいは「今の住まいには引っ越してきたばかりなので友達がいません。」

いずれも出会いをほのめかすフレーズであることは否めません。

一部の男性には通用するかもしれませんが、長続きしないので固定客をつかまえることは出来ないでしょう。

思いつきだけのメール例

何も考えていないだろう?と疑ってしまったメールの文例を男性会員から教えていただきました。

「気になってメールしました。」・・・このメールをもらったのは男性が登録した直後のことでプロフィールも満足に記入していない状態、しかも一言コメントにも「ヨロシク」としか記入していないにもかかわらず何が気になったのでしょうか?

要するに新人狙いのチャトレが待ち構えていたけど、きっかけが掴めないので「気になって」のフレーズを使ってしまったのでしょうね?

似たようなメールに「プロフ見てメールしました。私の趣味は・・・食べ物の好みは・・・」

これって、プロフの内容には全く触れていないということが解りますか?

こんなメールを送っても男性にしてみれば「プロフ確認してないだろう・・」という風に受け取ってしまいます。

じゃあ、どんなメールなら良いのかって?

上記の内容に該当しているメールを送ったなら、そこを改善して相手のプロフィールもしっかり確認して渾身のメールを送ることでしょうね。

see稼げないチャットレディってどこか共通点がありますが、ここでは初心者にありがちなチェックポイントを挙げてみました。

・プロフィールは充実していますか?
男性会員はあなたからのメールに反応するにしても、自分からチャットの相手を見つけるにしても、まずはプロフを確認します。
画像のイメージはもちろんですが紹介文からもあなたをイメージして自分が楽しくチャットできる相手かどうか見極めるのもプロフで判断します。

なので、ここは中途半端にしないで充実させておきましょう。

・見込み客に対してメールを送っていますか?
登録しただけで男性からの連絡を待っているだけではチャンスはやってきません!
仮にビジュアルにどれほど自信があったとしても、お高くとまっているだけではNG、積極的に行動しましょう。

・毎日決まった時間にログインしていますか?
すき間時間に出来る仕事だからといって、戦略も無しに空いている時間だけログインしているのでは男性の目に止まりません。
ある程度決まった時間にログインを続ける事で男性の認知度も高くなります。

・おもてなしの気持ちで楽しくチャットをしていますか?
どこまでも男性客の要求を飲む必要はありませんが、おもてなしの気持ちと楽しく会話する事は忘れないで下さい。
男性だって、あなたが楽しんでくれる事を望んでいるのですから。

・チャットの後にお礼のメールを送っていますか?
二度とコンタクトしたくない相手はともかく、チャットの相手をしてくれた男性には必ずお礼のメールを送りましょう。
そうすることで印象付けることになってリピーターを作ることができます。

piPDCAサイクルという言葉をご存知でしょうか?

自己分析と行動分析をして成果に結び付ける方法として有名ですが

稼ぎを勘にたよるチャトレも少なくないけど、これまでの活動をデータ分析することで効率よく報酬を得ることが出来ます。

すなわち、活動時間帯は何曜日の何時ころなのか

どのようにアタックしたのか・・・メールの文面や画像付きで送信したなど

どの様なキャラでチャットをしたのか・・・素のままかキャラを創作したか?

アタックした男性会員の年齢層や特徴・・・特徴については自分の感じるままに記入

通話時間やチャットの内容

相手の反応はどうだったか?・・・とりあえずは主観でOK

注意、反省するべき点は

見切りをつける部分は等々

こうしたことをノートにまとめて一覧表にしたりパソコンをお持ちであればexcelで管理することで勘ではなく具体的なデータとして今後どのように行動するべきかが見えてきます。

顧客管理って実は営業マンにとっては重要な要素で一流と言われるほど細かく分析して活用しています。

チャトレって営業マン?と思われるかも知れませんが自分を売り込むというポイントについては同じです。

もっとも女性ですからマンではなくレディーが正しい表現ですね。

しばらくは何のためにこんなことをしているのだろうと思うかもしれませんが2ヶ月3ヶ月と続けていくと役に立つデータが蓄積されてきます。

これはあなたがチャトレとして活動する上での貴重なオリジナルマニュアルになりますから是非継続してもらいたい方法です。

tanomuあの人にもこの人にもウケが良いように・・。

万人ウケを狙わないの記事でも紹介しましたが

大きく稼ごうとするときに初心者が失敗するのがこの方法です。

いいえ、初心者ではなく数ヶ月経験してもチャットの時間が短いか常連さんが出来ない理由のひとつに万人受けを狙うという失敗があります。

リアルキャバクラであればウケはともかく来店客に嫌われるのは得策ではありません。

でも、チャトレの場合は常識を逸脱しなければ嫌われたってかまわないという開き直りも必要です。

そもそもがオトコとオンナの会話ですからウマ画合ったり合わなかったり、好みだっって百人百様、万人ウケのほうが難しいんです。

男性だって八方美人なんて求めていません。

もちろん全てのタイプの女性を演じるのは不可能でしょうから、もっと自分の個性を活かしてフィーリングのマッチする相手に思い切りアピールすれば良いのです。

それでも素の自分に自信が無ければ演出することです。

どの様に見せて、どの様に思われたいのか?

そのためには、どうやって演出すれば良いのか?

特にノンアダの場合は見せることではなく聞いたり聞かせたりのキャッチボールになりますから少しくらい可愛い顔でも長続きはしません。

むしろ個性で惹きつけて、また話しがしたいなとあとを引くような演出で勝負です。

これって、恋愛では男性を選ぶときでも同じじゃないでしょうか?

確かにイケメン君のほうが良いけど、誰にでも愛想を振りまくチャラ男ではイヤだし、むしろ、どこか強烈な個性のあるほうが惚れられます。

逆のパターンなら分かっているのに自分からとなると迷ってしまうんですね!

リアルな色恋ではなくても男女関係という要素は無くなりませんからチャット相手に対するアピール方法というのはひとつではありません。

あなた自身のサイトでの個性を確立したら、様々な要素をからめてオリジナルのテクニックにすれば良いのです。

そして、それを最初に印象付けるのは初回のチャットになります。

挨拶の言葉にあなたの個性を活かした「つかみ」を取り入れてみましょう。

はっきり言って稼げないチャトレの大半はここに個性を感じません。

基本は挨拶からです。

でも「こんにちは」とか「いまよろしいですか?」みたいな通り一遍の言葉では「つかみ」にはなりませんよ?

lon